FC2ブログ


 

Profile

ソラ

Author:ソラ
escape to the sky,,,

New

Archive

Category

RSS

link

このブログをリンクに追加する

Parthenon tRSNaa
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
みんなKANA-BOONが好きだって言う。そんな時私は売れないバンドばっかり聴いてる。

異質を気取っているのか、新しい感覚を求めて一人の牙城に篭る私に問います。

そして私は、まだ売れていないKANA-BOONみたいな人たちを探しているだけだと答えます。

それこそないものねだりには違いないのだろうけれど、私は私を探していると言えば青臭さの中にいるのだと相手は思ってくれる。

メロディックなフレーズばかりで溺れていたら、そのうちまたあの音色を求めるの。

理由のない花が咲いているあの思い出の中で私は回り続けていました。







気づいたらあなたに話しかけています。声には出さないけれど、頭のなかであなたに話しかけています。

悲しいというよりか、言葉として当てはめるのならば足りないに近いです。

空想からも消えたあなたに独りごちる。本当の架空に飛び立ってしまったあなたにはもう届きはしない。

絶望ではなく、これからが見えないだけです。これからの時間に意味を考えても、与えようとしても限りなく無為に帰します。

洗面鏡に映る自分を眺め歯を磨いていたら、私ではこれ以上どうしようもないなと明確に答えを出していて、認めたくはないけれど本当にその通りなのです。

叶う叶わないではなく、前提の名目も消えてしまった。

頭のなかで行き着いた答えは嘘みたいに白くて、もうそれくらいしか私は成し遂げられないなとも思った。

あなたを見ていることも叶わず、もう読み終えてしまった物語はちゃんと片付けないといけない。

汚れる前に、私の知るあなたであり続けるために、もう本当にそれしかやることがない。

変わる前に、私とあなたを終えさせなきゃいけない。
あなたの歳になるまでずっと同じことを考えて、考え抜いて、その時も変わらずこの気持ちのままでいられたらあなたに逢いにゆきます。
「なぜ?」なんて存在しない世界で私は生きていたかった。

同じ肉体でよかった。どうしてでしょう。

あなたが鳴らして、私が歌えればよかった。

【2014/05/19 11:49】 | other |
Home*
karanokyoukai_banner3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。