Profile

ソラ

Author:ソラ
escape to the sky,,,

New

Archive

Category

RSS

link

このブログをリンクに追加する

Parthenon tRSNaa
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ラブライブ!が、μ'sが、矢澤にこさんと西木野真姫さんが、私のなかでこんなにも特別になっていただなんて、自分では気づきもしなかった。

サンシャインを観ていると関係性のないカットでもμ'sの9人が誰の足跡もない青春という淡い道を未だに駆け抜けているような、そんな気持ちになる。

記憶の奥の、暖かい場所で楽しそうな声を上げています。カーテンコールの後から始まる物語なんて、それこそありえない。

ありえないからこそ奇跡と呼ぶのであれば、それは未知の経験であるのは確かで。

どんなことが起こるのかわからないのも、楽しみさと彼女たちは歌う。9人が残した光の種が芽吹いた証拠だ。

喜ぶべきなのだ。きっと新しい、見たこともない輝きで今一度この心を照らしてくれるだろうから。

こうなるともはや懇願めいている。

μ'sが残した奇跡の残滓や霞を食べるような気持ちでいれたら。サンシャイン8話が目前となった今、とりとめのない様々な気持ちや葛藤が湧いてきています。

ようやく? μ'sロスに近い心境に至りました。ファイナル前から進まない時計が壊れたのかもしれません。

いつだって時を巻き戻したいと願いますし、それは今後、何が起ころうと変わらない気持ちです。


スポンサーサイト
【2016/08/20 00:37】 | other |
情緒が不安定な人間だと思われないようにするためには、言葉を発しないことだと思っているけれど、それはきっと間違いなのだろう。

それでも、この人は今忙しいのだろうかと思う人間がいればそれまで。ケースバイケースの結果でしかないのだけれど。

口をついて出る感情は暗い雰囲気であったり、巻き起こる風が肌を掠めたあとのような、どう言い表したら伝わるのか分からない。

言葉にしたいのに口が開かなくて吃る。私の世界はこんなにも膨張しているのに。

誰もいない自室で誰にも気づかれず破裂した。私を形作る夢が頭の中で笑っていました。

「まただよ。懲りずに繰り返す」

やかましいほどの炸裂音が凄惨に頭の中だけで響いた。

変わらず静かな部屋だった。

【2016/08/17 23:07】 | other |
16/01/27
年が明けて何日か。知りたくもないので知らないふりをします。あけましておめでとうございました。

Twitterの利用頻度が日に日に減っています。ツイートしないだけでTLはぼちぼち確認しつつ、へーとかふーんとか言いながら

眺めている時間が多いです。創作している人を中心にフォローしているのでいろいろなイラストが漂流してきてはふぁぼり、RTしたり。


16/06/19
何事も変わりゆくものです。心地よかった空間が、ふとした瞬間に変化し知らない姿となって私の前に立ちふさがった。

私が変わったのかもしれないし私以外が変わったのかもしれない。いろいろな違いが生じて得たものは小さい嘆息一つ。

しかたがないことだと分かっていても、こうして鬱憤やその他の気持ちを


16/08/16
頭おかしくなる、って薄い本の台詞みたいなのを現実で言ってしまうくらいに恥ずかしい存在です。

内田彩さんの武道館ライブとコミケ三日目に参加してきました。ステージ上で歌い踊る内田彩さんや、想像を作品へと昇華させる作家さんたちは

面目躍如たる存在として堂々そこに生きていた。

どこにいても恥ずかしくて、呼吸がしにくくて、どうしてなんだろうと考えてばかりで、ここはどこ?なんて口ずさんでみたりしました。

生きる意味を探して生きろと歌う人を少し前に知った。悲しいのか女々しいのか、それともひたむきなのか、私には判断できない。

それでも生きているっていうことはそれだけで幸せなのでしょう。

何があっても、悔やんでも、戻れません。知っているけれど、当然のように、それが当たり前だなんて到底考えられなくて。

どうして今、これほどまでに生きにくいと感じてしまうのか。答えは往々にして自己責任なのでしょう。

体の線をなぞるように液体が滴った感覚が気持ち悪くて、強く肌を握りしめる。

空っぽの浴槽の中で見る夢はどこにも救いがなくて。揺れている体を抑制する。

次はどんな夢を見て、私はどれだけ強く願えるのだろうか。

自己責任と自問自答の果てまではきっと辿りつけないでしょう。

折れた体の幹は、何で補えばいい。

比べて、分かってはいたけどやっぱり違っていて、同じものなんて存在しないなんて、全部分かっている。

それでも滲み、焼きつき、こびりついた記憶と夢と幸せの残滓は私をどこまでも、すぐ後ろでほくそ笑む。

それでも君や、おまえや、あなたが、幸せであるなら、それだけでよかったの。

私が不自由を感じたって、あなたが笑っていられる人生を歩めていたら、私はそれだけで、ほんとうに。

何も望まないのは、怠惰の証明でしょうか。

今は願うことがありません。何かを求めれば、そのために動こうと思えるかもしれないから、何か悲しくない、何かを見つけられたら

どこにもあなたはいないよ。知っています。

私を、自分を失うのが一番怖いよ。あなたを想っていた私を失うのが、怖いよ。

楽しいことを考える私が、嫌なんです。壁に何度か打ち付けた頭は、意味ばかり探していて

過去を捨てられたらなんて、一度も思わなかったし、思いたくもおおおおおおおおおおおおお

思いたくもなかったよ。

あなたを重ねている私に気づいて胃の中の全てを吐き出して、それでも吐き出しきれなくて、気持ちだけがぐるぐる、身体を駆け巡るっていた


もうすぐ夜が明ける。ずっと夜が続けば、朝がやってこなければって、あなたみたいなことを考えてしまって、また

繰り返した

【2016/08/16 03:44】 | other |
Home*
karanokyoukai_banner3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。