Profile

ソラ

Author:ソラ
escape to the sky,,,

New

Archive

Category

RSS

link

このブログをリンクに追加する

Parthenon tRSNaa
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
やるべきことは一つなのだと思い知らされる時間を共有できました。

生きる活力に満ちていて……。言うなればやりたいことをやりたいように、というような印象を覚える。

良くも悪くも連鎖的な日常を悔いなく歩んでいる、歩んできた人生の背景がその人に滲んでいて。

私の、この死んだ魚の目、曇ったまなこ、虹彩が反転した視界から覗ける場所はいくらもない。

不出来なのは言われなくても気づけていて、そのあとに思う考えがネガティブに繋がるのだけは阻止したい。できたら、だけど。

もういやだ、もう終わりにしたいと思う日々にしっかりと終止符を打てたら。

そう思うことでようやく生命を絶つ、絶とうとする人たちの気持ちが欠片ほど理解できた気がした。

泣けるのに腹の底から笑えてしまって。自分自身がどういう人間なのか痛感しました。

私が思う理想の私って、すごく悲しいものだった。

何をしたいのか分からなくなった。転がる残像を追いかけて見つけた林檎が腐っていた。

自分もこうなるんだ。腐るまで手に取られないよう、ただ早く、転がれるように。

物音は無い。静かに踏み出す一歩目は誰にも知られずに。最初に口にする言葉を最後の言葉にしたいから。

一秒でいいから、生きてても良かったんだと思えるよう、最高の一声で産声を上げたい。

そうすればすぐに腐って色が変わって、最初に出会えた色をより濃く記憶に刻みつけられる。




止まらなくなった。断続的な目眩と睡魔がベッドの上に渦巻いて、たしかにそこに座っていた。

削る爪と画面に映る不完成なものを交互に見比べては頭を抱える。

そんな中でも軽快な音が私の耳を刺す。生きて、元気で、笑ってと語りかけてくる。

スポンサーサイト
【2015/01/13 17:33】 | other |
Home*
karanokyoukai_banner3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。