Profile

ソラ

Author:ソラ
escape to the sky,,,

New

Archive

Category

RSS

link

このブログをリンクに追加する

Parthenon tRSNaa
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

どうにもこうにもならなかったので、周りに急かされるようにして内科へ行ってきました。

結果、風邪でした。明白な風邪の症状でしたので検診されるまでもなかったのですが。先生には苦労をかけます。

今までは花粉症持ちではないのでその点だけ不安だったのですが、念の為に花粉症検査をしてもらうことに。

こんなに酷い風邪は今まで経験が無かったので、もうひたすら現実逃避していました。

そうは言っても、勿論のごとく現実は毎日変わらずやってくるので煩わしいです。

実感が持てるほんの少しの老いが、春の陽気に乗って私の身体へ舞い降りています。降り続けていますのほうが正しいのかどうか。

今はもうそこまで酷くなくて、仕事をする分にも支障はありません。

日に透かされた桜の花びらを眺めていました。私は全然変わっていないなと思いました。

変わりたくない意固地がそうさせているのだとしても、今はそれで良いものなのだと納得したいです。



20130326_室内

驚きですね。私がPTを組んでいます。室内、セージワーム狩りのソロ公平PTです。現地で誘われておっかなびっくり参加させていただくことに。

数日前にこの狩場を教えてもらい足繁く通うようになりました。本当はもっとソロを模索するべきなのでしょうが、飽きたら次を探そうかと。

今のところ修道院1Fのバンシー狩りが候補に上がっています。

チェイサーの場合、真っ赤なマーチング帽子が手持ちにないので、付与なし素殴りの狩り方になりますがそれでもいけそうです。

何にしてもRR化以降まともに狩りをしていませんでしたが、狩場の選択肢が以前よりも狭まっていて窮屈です。

同時に楽とも言えますが……。こういう事になってしまい、私にとっては無意味な波乱が巻き起こっただけでしたが、

プレイヤー層によって意見の違いが顕著に表れているので客観的に見ることができれば面白いのでしょうね。

そんな楽しみ方は、明らかに一線ほど逸れているのだけれど。


ROより何か描かないといけないのに、これです。

スポンサーサイト
【2013/03/26 14:34】 | RO to other |

20130311_1

りょーこちゃんベスト。今更なのはご愛嬌。バンビロック、響きも可愛い。

やっぱりWonderful Worldが一番好きかもしれません。



風邪気味、というか風邪を引いたのか、それとも花粉症なのか、インフルエンザなのか。

酷くならないことを祈って床に着きたいです。

休日って、普段考えないことばかり頭に浮かんで、少しだけ先を見るのだけれど、不安になることばかりです。

最近になってその事に気づけて、面白いように下り坂を転がっている感覚がじわじわ足元から上半身にかけて伝わってきます

今こうしているだけでとても幸福なことなのだと二年前に思い知らされたのですけれど、今になってはその気持も薄れるばかり。

人に見られているから頑張ろうとするし、前みたいな生活に戻ったらそれこそ生きるのが楽で楽で、同じくらい辛いに決まっているのに、

私を腐らせようとする名残がどこまでも、どこまでも頭のなかから、実態の持たない存在が消えてくれません。

本当に必要なものは今の私だし、今の私が欲しているのは過去の私であるのが虚しくてなりません。


後ろ向きに歩いて行くのが私であって、前だけを見つめているのはとても疲れてしまいます。

助けあって、支えあって、なんてことを強いられるのなんてストレスでしかなくて。



あの時ああであれば、こうなったのに。

そういう言葉には悲観しか詰まっていないことを認めたくなくて、何かを正そうとしました。

もし後ろ向きに歩いていて、何かの拍子に倒れてしまったら、空を見るように仰向けがいいなと思いました。

【2013/03/11 19:25】 | other |

日が経つのは早いもので、いつの間にか三月です。前回更新の日付を確認して三月に入っていたことに気が付きました。

納期とかそういうものに追われて頭では三月が到来していたのを分かっていても、はっ、と我に返るように

思い出したとでも言い換えるべきでしょうか。

昼過ぎ、日差しのほんわりとした熱が伝わってくる自室からお送りしています。

天気が良いので大雑把にお掃除しました。外から入ってくる微風に、長いレースのカーテンが揺れていて、泣きたくなりました。

少し感傷に揺れてしまいました。少年少女な齢でもなかろうに、小さい物事に揺れ動いてすぐ影響される。

思いつきで吸収に取り組んでも上手くはいきません。そうと知っていても慌てて頭が考え始めてしまう。

まるで恋のようです。



またアリス描いてるのですが、下書きのまま中々進まないです。やる気が下落中。もっとしっかりしないと駄目です。

20130309途中

季節が季節なので梅とか桜を描きたいと思って。イメージを掴むために色置いてみたのですけれど、なかなかしっくりこないです。

四苦八苦しながら春先までには完成させたいです。出来ればその中でもう一枚、春っぽい桜色の空をバックに何か描きたいです。

【2013/03/09 15:12】 | graffiti |

優しい気持ちで描いても、優しいタッチにはなるが優しい雰囲気にはならないです。

矛盾めいている。インスピレーションのままにしか伝えられず、語彙の貧困に飢える。

私は「継続」が力になると思い込み過ぎている節がある。

とりあえず、の継続に含まれる妥協や曖昧なごまかしが、更に底へと沈ませる重しになるとも知らずに。

こんなので後悔が残らない訳がないと頭では分かっていても、現時点の限界が浅すぎる絵心となって

具現化してしまう。地力が目に見えてキャンパスに広がり目を逸らすのが困難になる。

思考の整理から始まって、今できる事をやればいいのだと甘えてしまいます。

気持ちが乗らないだけで最大限に生きられないなら、死んでいるのと同じなんですよね。

息が止まりそうになったり、視界が黒ずんでいったり、白い霞が広がろうとも、次の瞬間知らない天井を眺めていたとしても

いつ生きてもいつ死んでも、今の私は同じなのでしょうね。

輝く色を置きたい一心で軋む身体を起こし、上がらない腕を前へ伸ばしても。

それでも諦めないと思うことで数行前の私に勝った気になって過去の劣等感を吹き飛ばせたら、それはそれでありね。







ピースピース。

【2013/03/03 10:43】 | other |
先月誕生日でした。それについては後半部で。

画像ファイル多めでお送りいたします。

20130302_5

星川銀座四丁目(3)

大好きな作品がまた一つ終着し、喪失感に苛まれました。話しが逸れますが煩悩寺も三巻目でラストを向かえました。


201303021_

文学少女と飢え渇く幽霊(3)

こちらも文学少女シリーズの二作目、飢え渇く幽霊としての三巻目となっています。偶然にも三、三、三と続きます。

次巻でラストとなる予定らしいです。その後の原作「繋がれた愚者」が始まるのだと思うのですが……。

本誌ではもう始まっているのでしょうか? 調べていないので分かりません。

このペースで原作を全部漫画化するのならば、多大な時間が必要となってきますよね。

それまで私がちゃんと息していられるのかちょっと不安になります。



Read More...
【2013/03/02 14:08】 | other |
Home*
karanokyoukai_banner3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。