Profile

ソラ

Author:ソラ
escape to the sky,,,

New

Archive

Category

RSS

link

このブログをリンクに追加する

Parthenon tRSNaa
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
果ての地で

20121130_2



20121130_1

一度にいっぱい取り込んだのでお腹もいっぱいです。

気が向いたら修正と清書します。多分しません。ラフ一枚でそのまま線画のパターンを組めるなら理想と言えるのですが、

自分の振れ幅というモチベーションが全く保てていないのでラフ描いて満足してしまいます。

ラクガキしているのはとても楽しいので……。

スポンサーサイト
【2012/11/30 17:56】 | graffiti |
毟り取られる。掻き毟り取られる。何から何まで、マイナスまでも見境なく取って食らう愚者のようです。

ここにいてはいけない。あやふやな気持ちが確信に変わりました。

こういう決定的な危機察知を、本能で理解する体験は今までも何度かありました。

流しても流しても蛇口からは得体の知れない液体が噴き出るだけで、いつになっても飲水はコップの中に注がれない。

心の隙間を縫うようにして、するすると私の内部、深層へと入り込もうとしてきます。

拒絶すれば気狂いと評されマシな人間であればこうはならなかったとどやされる。

か細く伸びた白糸で繋げられていて、引きちぎることは容易なのですが、まだ私は諦めきれずにいます。

ここをまた燃やしてしまえば、もちろん何も残らず、生き残った私はどこへなりと旅立って行けますね。


笑うことはできますが、楽しくはないから、思うように気持ちは晴れません。

知らないところへ連れて行ってと、悲壮めいたか細い声で呟いた人の気持ちを、今ならもう少し身近に感じられるのかもしれません。

新しい景色を望み新天地を目指す主人公ともう一人は、何かを得て失う旅を続けるのではなく、ただの逃亡に近い、

現実から目を逸らした幼い二人だからこそ映えるのでしょうね。

空想上に夢をみて、少しでも解離性に触れることが出来るのならば、何時までだって座り続けられと思います。


【2012/11/29 12:34】 | other |
忙しいのかと聞かれる事があるならば、忙しいと答えます。

形あるものばかり得ています。欲してはいません。

普通であろうとすればするほど、本当の自分から遠ざかるようです。

人によく言われます。良かった、安心したと。

こんなにも簡単に一般的な体裁は整えられるけれど、私自身はとてもつまらない思いをしているし、日に日に私の思う

普通から遠ざかっているように感じるのです。

変わらないでいられるのならなんでもしますし、誰かを傷つけても仕方がないと割り切り人道的ではない行いもしましょう。

ただそうすると胸は痛みます。自分可愛さで私を怒り、自己満足を晴らす人もいれば、

陰で声を殺し泣く人もいます。それが私を取り巻く日常、近況です。

なんてつまらないのでしょう。書き綴る意味の薄さに落胆しました。


頭を前へ下ろし、そのままデスクへ突っ伏す。

泣き腫らした目に当てた氷のような冷たさが、最近感じた中で一番の優しさでした。


【2012/11/28 12:26】 | other |
ハロウィン、は過ぎてしまいました。十一月です。

順当に進む季節はとても鮮やかなのだけれど、受け入れたくない感情を刻みつけてゆきます。

いつも「どうして」ばかりが頭の中を支配しています。反するようにして、悔いが残る毎日に一矢報いたいと常々考えはするけれど

何かが足りていなくて、足は硬直したまま。私の心は愚直であり、実直だと関心しました。

明確な目標を立てて行動しようとするほど、柵や堕落に引きずり込まれて、内に篭ってしまいがちです。

今年は何も出来ませんでした。ありのままにそう感じます。振り返るにはまだ早いことも知りつつ、このまま下り坂を
転がって、

どこまでも落ちてしまいそうな感覚が、私は許せない。

反抗する意思を秘めているだけでは意味を成しません。もう少しだけ頑張ろうと藻掻くほどに、これが生きる事と言えるのかと

自分に問いかけてしまいます。

要するに革命を待つ民衆の心持ちに近いのかもしれません。自ら歩を進めなければ、知り合えない結果があるとしても、

今はずっとここで待っていたい。ずっと待ち続ける間、私らしく時を進めていたいです。

変化する日常にどれほどの素晴らしいが散りばめられているのか。羨ましがる人々の群れの中で、そっと瞼を閉じたくなりました。





せめてハロウィンなイラストでも描いていたら、こんな暗暗とした気持ちで昼下がりの空を眺めていたりはしなかったのでしょうか。

また何かのせいにして、私は何の整理も出来ぬまま冬を待ちます。

【2012/11/01 13:38】 | other |
Home*
karanokyoukai_banner3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。